【猫にまつわるオカルト】うちには黒猫が居ます。2年位前に家に迷い込んで来た。実は、家の猫が亡くなって埋葬した翌日の朝の話でした。

KAZUP1030713_TP_V


2: 本当にあった怖い名無し 2013/05/15(水) 00:42:59.57 ID:NeojXfm80
私はここ数日、洒落怖に嵌って読みふけっている。
特に霊感も無ければ恐怖体験も無い、「おもしれ~~」って感じで読んでいるし、
今のところ変わった事も起きていない。

ただ一つだけ変わった事が有り、気になったので投稿します。
1
家の家には黒猫が居ます。2年位前に家に迷い込んで来た。
子猫と言うには大きいが、若猫と言うには小さすぎるくらいのの頃、ある朝納屋に居てミャーミャー鳴いている、
でも決して逃げる訳ではない、かといってすぐに触らせるほどでもない感じでした。
実は、家の猫が亡くなって埋葬した翌日の朝の話でした。


続きを読む

【洒落怖】建設会社でバイトすることになったんだけど、いきなりこんなことを言われた。「お前、今から30分以内に猫の死骸拾うてこいや」

193: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/09/22(木) 21:25:42.32 ID:k6W3+mIJ0
今年の夏のバイト先の話です。
経験はなかったんだけど、日給がかなりよかったので建設会社に面接に行きました。
結果は即OK。早速、明日から来てくれと言われとんとん拍子に決まった。
バイト初日。朝、みんなに紹介されたんだが、そこにいた現場監督の○○さんに
「名前はええわ。どうせつづかんから」と言われた。嫌な人だ。坊主頭で顎鬚
目つきが悪いというかどこをみているか解らないキチ外目つき。
不運にも、その○○さんの現場に連れてかれた。現場に着くなり
「お前、今から30分以内に猫の死骸拾うてこいや」

続きを読む

【猫にまつわるオカルト】うちの猫。「ミャー」じゃねえよ

shdrht_TP_V


80: 名無しさん@おーぷん 2015/12/31(木)00:41:50 ID:Gpm
俺も一つ。昨日あった事なんだが

俺の家、リビングの隣に和室があるんだけど
ほぼ洗濯物干す用の部屋になってるんだよね
んでさ、今の時期って寒いじゃん
だから和室の扉10センチくらい開けて冷たい風があんまりリビングに入ってこないようにしてたんだ
で、昨日の夜も洗濯物干してテレビ見てたらさ

.
続きを読む

【洒落怖】合宿先の道のりに何故かやたらと犬猫の死体がある…民宿着くまでに4匹は死んでたかな

70: 本当にあった怖い名無し 2008/04/15 19:11:04 ID:kUKPkejQ0
先日、サークルの春合宿行ってきました
今回はサークル活動というより、行きたいやつだけで遊びに行くような感じだったので
学校の施設ではなく民宿、だったら多少贅沢してまだ肌寒いので温泉地に行こうってことになりました
合宿に行くメンバーは全員で20人弱くらいだったので、小型バスを貸り切って行きました
で、目的地近くに着いたんですがどうも想像してたのと違い、駅からだいぶ離れたまさしくド田舎って感じの場所でした
そしてとても異常なことがその時点で一つありました
やたらと犬猫の死体があるんですね

続きを読む

【洒落怖】アフリカの子と文通していた時の話。『あの、今度日本のお菓子をくれませんか?』という手紙が来た。


362 :本当にあった怖い名無し:2008/12/29(月) 00:47:47 ID:lpwfQd5y0
5年位前、いろいろな国の同じくらいの子と文通してた。
それで、アフリカのどこかは忘れたんだけど、アフリカの子としてたんだ。
その子は13歳で、私より年下だった。


続きを読む

【洒落怖】世界一周しているブロガー夫婦がマラリアで死亡した。その友人が取った行動は…


51 :本当にあった怖い名無し:2014/01/28(火) 00:21:46.38 ID:Rn0VV2w20
数年前に話題になった、世界一周しているブロガー夫婦がマラリアで死亡した件。

ボリビアのホテルのトイレで妻が死亡→夫は病院に搬送されてから死亡
→症状と数日前のブログの文章から、アフリカ(最後はエチオピア)で虫に刺されたと記述がありマラリアでは、となる


続きを読む

【洒落怖】アフリカの奥地に住んでいる某部族は、謎の風土病に苦しんでいた。彼らの希望は、2〜3年に一度やってくる白人の治療団だった


195 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/05/25(日) 14:48:12.57 ID:BeAA6wAE0.net
20年くらい前に見たドキュメント番組が怖かった。 
当時まだ子供だったから、かなりうろ覚えな部分もあるけど。

アフリカの奥地に住んでいる某部族は、
代々その部族に高確率で発症し、最終的には死に至るという難病に悩んでいた。
彼らの希望の光は、2~3年に一度くらいの割合でプロペラ機に乗ってやって来る、白人の医療団だった。


続きを読む
Twitterもよろしくお願いします
記事検索
最新記事
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ