スポンサーリンク

【意味が分かると怖い話】寝たきりの末期がん患者2人。窓際のベッドの男は、ドア側のベッドの男に窓の外の様子を話してあげていた

190 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2017/05/01(月)16:12:08 ID:K1k [11/22回]
ある病室に2人の末期ガンの患者が入院していた。 
一人は窓側のベッド、もう一人はドア側のベッド。 
2人とも寝たきりの状態だったが、窓際のベッドの男は 
ドア側のベッドの男に窓の外の様子を話してあげていた。 
「今日は雲一つない青空だ。」「桜の花がさいたよ。」「ツバメが巣を作ったんだ。」 

こちらもおすすめ(新規ウインドウで開いてあとで見るのがオススメ)
 「『神』は万能でも無ければ、無限に力を持っている存在ではないんだ」
 「お前達の国は滅びる。だが三度の再生を果たすだろう」
子供の頃飲み薬を嫌がった私に対し、母はジュースや食べ物にこっそり混ぜることで対策をとっていた。そのせいなのか… 
 弟が自殺した時、弟のバイト先の先輩からかけられた言葉「大変だったでしょ」「元気だしてね」「首に…」
 うちのコンビニに週3回毎朝5時過ぎにやってくる初老のあばさんがいる
 人間一人くらい、いくらでも消せますよw 怖い怖いw

そんな会話のおかげで死を間近に控えながらも2人は穏やかに過ごしていた。 
ある晩、窓際のベッドの男の様態が急変した。自分でナースコールも出来ないようだ。 
ドア側の男はナースコールに手を伸ばした。が、ボタンを押す手をとめた。 
「もしあいつが死んだら、自分が窓からの景色を直接見れる・・・」 
どうせお互い先のない命、少しでも安らかな時をすごしたいと思ったドア側のベッドの男は、 
自分は眠っていたということにして、窓側のベッドの男を見殺しにした。 
窓側のベッドの男はそのまま死亡した。 
晴れて窓側のベッドに移動したドア側のベッドの男が窓の外に見たのは、 
打ちっ放しのコンクリートの壁だった。

引用元:意味がわかると怖いコピペですきなやつ

 

こちらもおすすめ(新規ウインドウで開いてあとで見るのがオススメ)
 「『神』は万能でも無ければ、無限に力を持っている存在ではないんだ」
 「お前達の国は滅びる。だが三度の再生を果たすだろう」
「てめぇ、ドスドスうるせぇんだよ!」 「体操でもやってんのか?下の迷惑も考えろッ!」 
 エレベーターに乗り続けて5分。ようやく扉が開いたと思ったら…
子供の頃飲み薬を嫌がった私に対し、母はジュースや食べ物にこっそり混ぜることで対策をとっていた。そのせいなのか… 
 弟が自殺した時、弟のバイト先の先輩からかけられた言葉「大変だったでしょ」「元気だしてね」「首に…」
 うちのコンビニに週3回毎朝5時過ぎにやってくる初老のあばさんがいる
 人間一人くらい、いくらでも消せますよw 怖い怖いw