スポンサーリンク

【洒落怖】ハワイ大学の夏期語学講習に参加した時、隣室の子から聞いた話「インターフォンが何度も鳴るの。10回以上だよ。 」

478 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/03 22:54 ID:4q1s7gOz
高校生2年生のときの話です。 
わたしは夏休みの1か月を利用して、仲良しのFちゃんと 
ハワイ大学の夏期語学講習に参加しました。 
社会人の人もいてなかなか貴重な体験でした。 
そのなかの1人、22歳のYさんはすらっとした美人で、 
話しやすくてすぐに仲良くなりました。 
ある日、自由時間後にわたしたちが部屋に戻ると、 
隣室のTちゃん(当時16歳)が駆け込んできたのです。 

こちらもおすすめ(新規ウインドウで開いてあとで見るのがオススメ)
 【2chの狂ったスレ】私の知らないでしょうか?
 三毛猫「ワシはこの家を出て行く。達者でな。」
 ある日、夢で猫が俺の布団から出てくのを見たんだわ。俺が猫に「行くのか」って言うと…
 小学生時代の同級生に、軽度の知的障害者(♀)がいた。彼女はお見合いで遠方の農家に嫁いだんだけど…
 北海道では有名な話…救急車が近寄ることも出来ない病院。「この病院、どうやって建てたの?」「なんの為の病院だったの?」
 集会を開く猫たちが見ていたものは…?【猫にまつわるオカルト】
 事件に関する重要な記録をここに公開する。 「その何かは、乗客に酷いことをしたのですか?」
 お母さんが3〜4時間ずっとドライヤーをかけている。「お母さんいつまでやってるの?」「別にいつでもいいだろ!
 「お前達の国は滅びる。だが三度の再生を果たすだろう」
子供の頃飲み薬を嫌がった私に対し、母はジュースや食べ物にこっそり混ぜることで対策をとっていた。そのせいなのか… 
 弟が自殺した時、弟のバイト先の先輩からかけられた言葉「大変だったでしょ」「元気だしてね」「首に…」
 うちのコンビニに週3回毎朝5時過ぎにやってくる初老のあばさんがいる

いつも元気な子なのに、白い顔をして怯えていました。 

「あたしさっきまで1人で部屋にいたんだけど、 
インターフォンが何度も鳴るの。10回以上だよ。 
そのたびにドアを開けると誰もいないの。 
初めはいたずらだと思ったんだけど、なんかおかしくない?」 
男の子のいたずらじゃないのー?なんて言ったのですが、 
Tちゃんがあまりに動揺しているので、わたしたちは 
彼女を連れてYさんの部屋に行きました。Yさんが、 
「子どものころから霊感が強い」と言っていたからです。 

Tちゃんの前のイスに座って片膝を抱えると、 
Yさんは考え込むような仕草をしました。 
「ヨーヨー…。『ヨーヨー欲しい』って言ってる」

479 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/03 22:54 ID:4q1s7gOz
Yさんが「ヨーヨー」と言った瞬間、Tちゃんが、 
「なんで!?」と叫びました。 
「ヨーヨーって、あたしがきのうゲーセンで取ったやつでしょ? 
さっき1人で部屋にいるときに遊んでたんだけど……そんなこと 
誰も知らないはずだよ……」 
Yさんは困った顔でTちゃんを見ました。 
「きのうみんなでダイヤモンドヘッドを回ったでしょう。 
その途中で、男の子がついてきちゃったみたい。小さな男の子。 
Tちゃんの遊んでたヨーヨーが欲しい、遊ばせてって言ってるよ」 
「いやー、どうしたらいいのー!」 
Tちゃんは泣き出してしまい、霊体験とは無縁だったわたしも 
Yさんの説得力のある雰囲気に圧倒されて、黙り込んでしまいました。 
「盛り塩をしなさい。部屋の4隅に置いて、手を合わせてあげようね。 
わたしが一緒に厨房に行ってあげる」 

2人が厨房に向かうと、わたしとFちゃんは一目散で自分たちの 
部屋に戻りました。Tちゃんの部屋はわたしたちの隣。 
意識的にそのことは話さないようにして、買い物のことや、 
東京の友達に出す絵葉書をどう書こうかなんて話をしながら、 
早々に寝ることにしました。

480 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/03 22:55 ID:4q1s7gOz
しかし、眠れませんでした。部屋の隅からずっと、 
ゲームボーイの音が聞こえてくるのです。 
Fちゃんは、当時流行っていたテトリスを持参していました。 
でも、こっちに来て2日目にゲームボーイは別の階の 
男の子に貸していたのです。2人ともハワイに来てぜんぜん 
やっていないのだから、音が耳につくはずもありません。 
だけど怖くて言い出せませんでした。 
気のせいだ、これは気のせいだと思い込もうとしていると、 
Fちゃんが小声で、 
「ねえ、さっきからずーっとテトリスの音が聞こえない…?」 
って言ったんです。 
「ぎゃ!」 
わたしは叫んでFちゃんのベッドに潜り込みました。 
わたしのうろたえぶりを見て、Fちゃんは「やっぱりこの子にも 
聞こえてるんだ」って思ったそうです。 
シーツをかぶって2人で震えながら朝を迎えました。 

Yさんのアドバイス後、帰国まで無事にTちゃんの周りで 
おかしなことは起こらなくなりました。 
でも、きっとあの夜。わたしたちの部屋には 
その男の子が遊びに来ていたんだと思います。 
いまでもFちゃんとはあまりその話はしません。 
長文ごめんなさい。

元スレ:死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?71

こちらもおすすめ(新規ウインドウで開いてあとで見るのがオススメ)
 【2chの狂ったスレ】私の知らないでしょうか?
 三毛猫「ワシはこの家を出て行く。達者でな。」
 ある日、夢で猫が俺の布団から出てくのを見たんだわ。俺が猫に「行くのか」って言うと…
 小学生時代の同級生に、軽度の知的障害者(♀)がいた。彼女はお見合いで遠方の農家に嫁いだんだけど…
 北海道では有名な話…救急車が近寄ることも出来ない病院。「この病院、どうやって建てたの?」「なんの為の病院だったの?」
 集会を開く猫たちが見ていたものは…?【猫にまつわるオカルト】
 事件に関する重要な記録をここに公開する。 「その何かは、乗客に酷いことをしたのですか?」
 お母さんが3〜4時間ずっとドライヤーをかけている。「お母さんいつまでやってるの?」「別にいつでもいいだろ!
 「お前達の国は滅びる。だが三度の再生を果たすだろう」
子供の頃飲み薬を嫌がった私に対し、母はジュースや食べ物にこっそり混ぜることで対策をとっていた。そのせいなのか… 
 弟が自殺した時、弟のバイト先の先輩からかけられた言葉「大変だったでしょ」「元気だしてね」「首に…」
 うちのコンビニに週3回毎朝5時過ぎにやってくる初老のあばさんがいる

洒落怖

Posted by kawot