スポンサーリンク

【洒落怖】爺さんは暴れん坊パチンコ三昧で母ちゃんと仲が悪く、食事も一緒に食べない。 でも爺さんは私をとても可愛がってくれた

979 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 23:39:20 ID:wLkiGCwA0 [1/1回(PC)]
うちの母ちゃんの話。 
うちは父方の爺婆、両親、姉と私の6人暮らしだった。 
小さいころから爺婆と両親の仲が悪かった。 
特に爺さんは暴れん坊パチンコ三昧で母ちゃんと仲が悪く、食事も一緒に食べない。 
でも爺さんは私をとても可愛がってくれた。 


そんな爺さんにも黄昏がやってきた。 
私が中1のとき、夜中に「○○~、○○はどこだ?」(私の名前)と徘徊した。 
母ちゃんは 
「アタシとは仲悪いけど、アンタ(私)には良くしてくれたんだから、ボケたとしてもちゃんと面倒みるわ」 
と言っていた。 

その数日後の雪の降る朝、爺さんはコタツに首まで入ってぬくぬく死んでいた。 
死因は老衰。 
49日の翌朝、母ちゃんが夢を見たという。 
爺さんが「○○ちゃん(母の名前)、悪かったねぇ」といいながら光の中に歩いていった夢だったと言う。 

私&姉「へ~、49日ってダテじゃないんだね。良かったね」 
母「(涙ぐみながら)どーせなら生きてるうちに言えばいいのにねえ」 
私&姉「…………。」 

そんな意地っ張り一家です。
981 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 00:22:26 ID:NWh9BBeQ0 [1/1回(PC)]
>>979 
うちも父方祖父(祖母は兄が生まれるまえに逝去)と同居してて 
両親と祖父の仲は悪かったけど、私は可愛がって貰えて 
お通夜の日にも、49日までの日も祖父の気配を感じて嬉しかった。 
と共に、両親との不仲を言い訳に途中から接触しなくなったのを済まなく思ってる。 
亡くなった後、殆ど会ってないような従姉から貰った手紙さえアルバムに張ってた。 
そんな祖父の気持ちを思うと、今でも申し訳なく思う。 

お祖父さんが光の中に歩いて行かれたんなら、よかった。 
意地っ張りじゃなくて、良い意味で”気”が強いご一家なんだね。 
自分はそんな祖父の気の強さを中途半端にしか受け継いでなくて、申し訳ない。 

ご先祖のためにも、もっと強く、もっと逞しく、正しく生きていきたいと思う。

洒落怖

Posted by kawot