スポンサーリンク

【洒落怖】私はハーフです。父が外人で、母が日本人です。8さいから父の故郷で育ちました。それまでは別の国にいました

885 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2008/12/11(木) 02:07:07 ID:5Vr1QX5f0 [1/2回(PC)]
 私はハーフです。父が外人で、母が日本人です。8さいから父の故郷で育ちました。それまでは別の国にいました。 
父の仕事の関係でしたのですが、両親の仕事が忙しかったので、私はおばあちゃんの家で暮らしました。 
おばあちゃんはとても可愛がって愛してくれました。 
 冬になって、おばあちゃんが帽子とマフラーや手袋を編んでくれました。とても暖かかった。 
その国はとても冬が厳しい国だったので、なれない気候で私は肺炎を起こしてしまって入院。 
熱が下がらなくて夜中にウンウンと言っていたら、ベッドの横のいすに父によく似てる人が、にっこり笑って座ってました。 


「もうすぐ治るよ、頑張って」と、その国の言葉で言って、私の頭を撫で、その夜はずっとそこにいました。 
翌朝、あれほど下がらなかった熱が下がりました。 
おばあちゃんに「パパ来た?」と言うと、「来てないよ。仕事で他の国に行ってるから。心配はしてたけどね」と言われました。 
きっとパパに会いたくて、夢を見たんだろうかと思いました。 

 クリスマスが近づいていて、両親が会いに来てくれる事になりました。 
だけど当日、ごちそうの準備も終わって、おめかししてリビングに居て、「パパとママはまだかな」と待っていたら、電話が鳴った。 
おばあちゃんが出た。そして「パパとママ、お仕事が忙しくて来られないって」と悲しそうに言いました。 
Iおじさん(父の兄です。)が怒って父に電話を掛けなおしました。ものすごく喧嘩した後、I伯父さんは私に手招きをした。 
電話に出ると、父がとても謝ってきました。「なんで来れないの、お手紙くれたのに。約束したのに」と言うと、 
「パパとママを許して。お仕事が忙しくてどうしても行けなくなっちゃった。でもお前の事はとても愛してるからね」 
と言ったけど、信じられなかった。来るっていって来ないの一度や二度じゃなかった。
886 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2008/12/11(木) 02:12:22 ID:5Vr1QX5f0 [2/2回(PC)]
 パーティは楽しかった。おばあちゃんの作ったごちそうはいつにもましておいしかった。 
楽しかったけど、パーティーが終わって、片付けをしてベッドに入ると、とても悲しかった。 
静かに泣いてました。泣きつかれ、ねていると、誰かが横に立ってました。 
少し目を開けると、前に熱でうなされていた時に来た人が、立ってました。知らない人の筈だったのに、とても安心してました。 
 「パパとママが来れなくて残念だったね」と、その人は言いました。 
「パパとママは、私の事が嫌いなのかもしれない。だって何度も約束破る」と言うと、 
「次のお休みには絶対帰ってくるよ。とにかく今日はざんねんだったね。よくおやすみなさい」と行って、私の頭を撫でてくれました。 
ゆっくりと私の布団の上をポンポンたたいてくれました。とてもイライラして悲しかったのに、不思議と安心して眠れました。 

 次の日、おばあちゃんに、夜にあったことを話しました。 
おばあちゃんは驚いて、「髪の色は?目の色は?」と聞いてきました。 
「パパと同じダークブロンドに目はグリーンだった。パパやI伯父さんにもそっくりだった」と言うと、 
「おじいちゃんに違いないわ!」と言われました。「おじいちゃん?」と聞き返すと、おばあちゃんは写真を見せてくれました。 
全くもって、二度出てきた人と一緒でした。おばあちゃんは、おじいちゃんが死んだのが悲しくて、写真を全部しまっていたそうです。 
「この人だよ」と言うと、おばあちゃんは泣きました。「神様、神様」と言ってました。 
だいぶ落ち着いたおばあちゃんが言いました。 
「あなたが生まれた時に、私たちも日本にあなたに会いに行く事にしてた。おじいちゃんは、あなたに会えるのが楽しみでね。 
 女の子の孫は初めてだから、本当にうれしかった。だけど、おじいちゃんは出発の二週間前に病気で死んじゃったのよ。あなたに会いたがってたわ」って。 
 きっと、おじいちゃんが見守ってくれてるんだと思いました。 

 その後にも、度々おじいちゃんは夢にでたりします。 
あと、父のところに時々現れるそうです。特に私との約束を破ったときには夢に出てきて、とても怒られるそうです。

 

洒落怖

Posted by kawot