437 :名無しさん@おーぷん :2014/10/06(月)13:45:12 ID:eaMxqm7pO
子供の頃、住んでた団地でネズミが集団で住み着いた。
食べ物は包装や紙箱を破って食い荒らすし、石鹸や服のボタンもかじられて全滅。
天井裏は走り回ってうるさいし、ネズミ取り(カゴ状の罠)を仕掛けたら捕まる捕まる。



で、捕まえた後のことは子供である自分は関知してなかったんだが、
結構な残酷な方法で親が殺してたことを知った自分と姉は、可哀想だからと逃がすことにした。
ネズミの入った罠のカゴを持って、家から10メートルくらいの下水溝に行って、
(家の前のドブと繋がってるからはっきりいって意味ないんだがw)
「もううちに来ちゃだめだよ、殺されちゃうからね。お前の家族にも来ちゃだめって言うんだよ」
と何度も言い聞かせてからカゴを開けて逃がした。
ネズミはすぐさま溝に入ったが、一瞬してから頭だけ覗かせて「チュー」と一鳴きして、今度こそ姿を消した。
自分と姉は「ありがとうって言ったね!」「言ったよね!今!」と大層ほっこりした。

以降10年近く、何の対策もしなかったにも関わらずネズミが家に現れることはなかった。
姉と自分の間では今でもほっこりした不思議話なんだが、親すら信じてくれない…。