62 :可愛い奥様:2010/01/05(火) 13:00:22 ID:7LkJPVXM0
婚約指輪を、夫の関係でとある年配の宝石商の方の所で世話になった。
その方(女性)が話の種にと、
美○憲○が手放すのを悩んで悩んで、金に困ってなくなく手放したというダイヤの凄いのを見せてくれた。
なんか売れなくて廻りまわって預かったらしい。
で、話のネタとして顧客に見せてるみたい。 
美○の件を隠しても皆なんか怖がって売れないらしい。○千万の凄い物なんだけど。 
「はめてみる?」と軽く言われたけど、怖くてできなかった。なんか強い念を感じたから。 

「美○さんも、こんな物に執着するとはその程度の器って事なんだよね~」 
とさらっと言って、はめてみせた宝石商に、
怖い物を跳ね返すだけの強い力を感じた。