スポンサーリンク

【洒落怖】畑から少し離れた場所でふと、なんというか独特の気配のようなものを感じて振り返ったら、 50メートルくらい離れた所の杉の木のてっぺんに天狗がいた。

506 :可愛い奥様:2010/10/28(木) 23:03:21 ID:FcUZgyGD0
上の話の天狗で、私が小学2年の時に経験したちょっと不思議だった事を思い出したので書いてく。 

私の実家がある地域は獅子舞がとても盛んで、
祭りが近づくと青年団が獅子舞の練習を公民館で始めて、祭り当日は一軒一軒の家の前で獅子舞を舞って回る。
天狗役の人は祭りの花形で、天狗の面にきらびやかな装束で獅子をあおる。 


祭りが終わって数日後の日曜日、私は両親と山の畑に出かけた。 
杉の木に囲まれたところにぽつんと畑があって、私は両親が作業してる間に一人で遊んでた。
何度も来てる山なので、土地勘があった。 

畑から少し離れた場所でふと、なんというか独特の気配のようなものを感じて振り返ったら、
50メートルくらい離れた所の杉の木のてっぺんに天狗がいた。 
私はなぜかそれを獅子舞の練習だと思い、大変なんだな~と思って杉の木の上ですっと立っている天狗の横顔をみてた。
暫く見てたんだけど、突然、天狗はふわ~っとスローモーションみたいに杉の木から飛び降りた。 

両親の所に戻って「天狗の練習を見たよ。杉の木から飛び降りてた」と言ったら、
「何馬鹿なこといってるんだ。
 祭りが終わって練習は終わってるし、第一なんでこんな山の中で練習するんだ。
 寝てて夢でも見たんか」
と笑われた。 

確かに三階建ての建物の高さくらいある木のてっぺんに人が立てるはずが無いし、
そこから飛び降りることができるわけがないし。 
私が見たのはなんだったんだろう。
…まさか本当に天狗だったのかw

 

洒落怖

Posted by kawot