1027 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/08/15(土) 14:36:47.41 ID:o3tNJsDE0.net
うちは黒猫を一匹飼ってる。 
名前はタンゴ。愛想がなくて、見てくれ以外は全然可愛くない猫だ。 
預け先を確保出来なかったんで、今年はタンゴを連れて帰省した。それが昨日。 




 

お墓参りをしたその日の夜は妙に暑くて眠れなかったんで、外に出て散歩する事にした。 
懐中電灯持ってじいちゃん家の周りをぶらついてたら、林の向こうから明かりが見えた。 
何かやたらフワフワとせわしなく動いてて、切羽詰まった感じだ。 
誰か倒れてて、助けでも呼んでんのかな~と思って、めんどくせぇーけど近付いていったら……、
火 の 玉 だ っ た 。 
木の間をすり抜けて飛び回ってて、それを追いかけ回してる影がある。 
懐中電灯で照らしたら、 
タ ン ゴ だ っ た 。 
いつの間にかじいちゃん家を抜け出してたらしい。 
そういえばコイツ、小さいときは懐中電灯の明かりも追いかけ回してたなぁーとか思いつつ、呼び掛ける。 
タンゴは一瞬コッチを見たけど、またすぐに火の玉を追いかけて走り回る。 
最後には上に逃げた火の玉追っかけて木に登ってジャンプ。
もうちょっとで前足届きそうだったけど、ギリギリで逃げられた。 
火の玉はそのままパッと消えた。 
タンゴは地面に上手く着地した。 
俺が来るまでにもあちこち駆けずり回ったみたいで、草やら葉っぱやらが体についてたんで、手で取ってやった。 
で、抱っこして帰ろうかと思って抱き上げたら、ほっぺたに猫パンチくらわしてから逃げやがった。可愛くねえ。 
「迷子になんなよー」と言って、俺一人でじいちゃん家に帰って寝た。 


1028 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/08/15(土) 14:37:18.23 ID:o3tNJsDE0.net
そしたら、変な夢を見た。 
部屋ん中で知らないじいさんが立ってて、 
「あの猫、もう連れてくんな!」って怒ってて、
俺はとりあえず「すんません」と謝る。 
そしたらタンゴが窓から部屋に入ってきて、じいさんに飛びかかる。 
じいさんビックリして消えて、タンゴは襖に誤爆した。そんな夢。 

夢だと思ってたけど、朝起きたら襖にタンゴが引っ掻いた跡があった。 
じいさんはあの火の玉だったんだろうか? 
お盆に帰ってきた地元の霊だったんだろうか? 
じいちゃんとばあちゃんに聞いてみようかと思ってたけど、人相説明するのがめんどくさいんでやめた。 

タンゴは今、縁側で昼寝中。 
明日帰る予定。