312 :KMT ◆nqnJikEPbM.8 :2012/08/19(日) 06:15:11.19 ID:jvZ3IDbu0
友人にネイリストをしている女性がいます。 
本来の職業は美容師なのだが、ネイルアートが得意で、現在はそちらの依頼が入ることが多いと言っていました。 
今でこそネイルアートをしている人はあまり多くはないそうですが、 
一時期は猫も杓子もネイルアート状態で、休む間もなかったと言っていました。 
そんな彼女が、まさにネイルアート絶頂の頃、「休みを取ろう」と思ったできごとがあったそうです。 




来る日も来る日も誰かの爪を見て、それを整えて行く仕事。 
彼女は心底、嫌気が指していました。 
「目が疲れて、肩が凝る。自分のしたいのはこんなことなのかって疑問だった」 
そんな疲れを押して出勤したある日のこと。 
マネキンにつけられているウィッグがずれているのを見て、それを直そうと手を伸ばしたそうです。 
ガリッ 
鈍い音がして、手の甲には鋭い痛みが走りました。 
慌てて手を引くと、そこには4筋の赤い傷が付いていたそうです。 
「何かな、と思ってマネキンを見たらさ」 
マネキン側頭部、ウィッグの隙間から、薄汚れた手が覗いていたそうです。 
「その手、爪に何もつけてなくて、
それを見た瞬間に、怖いとかより先に『どうネイルアートを施そうかな?』って考えてた」 
手が音もなく消えた後、彼女は仕事を休むことを決意したと言っていました。