スポンサーリンク

【宗教の怖い話】友人のもとへ、ある男が「宗教の勧誘」にやってきた。男はさんざん天国の話を聞かせた後、「神の言葉だ」といって「意味不明の句」を唱えだした。

717: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/07/07(土) 23:03:51.99 ID:eAMuiAWx0
ちょっと小話を。 

友人のもとへ、ある男が「宗教の勧誘」にやってくるらしい。 
男はさんざん天国の話を聞かせた後、「神の言葉」といって「意味不明の句」を唱えだした。 


 それは「スマリエカー、ヘニクノミカー、ハシクタワー」というものだった。 

友人は穏やかな性格だったが、さすがに気味が悪くなり、その男を追い出したらしい。 
しかし、翌日も、その翌日も男は勧誘にやってきたそうだ。 
その都度、あの「意味不明の句」をしつこく唱えていたらしい。 
ポストにも、その「句」が書かれた紙が入っていたという。 
そんな相談を受けた俺は、警察へ届けるようにアドバイスした。 
滅入っているのだろう。こっちの話を聞いているのか、いないのか……そんな様子だった。 
しかし、残念ながら友人はその日の夜に、自室で首を吊って自殺してしまった。 
遺書にはただ「わたくしは神の国へ帰ります」と書いてあった。