8 : 1/2[] 投稿日:04/03/03 21:03
カキコさせていただきます。スレの趣旨に合ってるかどうかわかりませんが。
好きな話なんで。なお、本人より直接聞いた話です。

その人は私が前に勤めていた会社のOLさんで名前を「秀美さん」といいます。
彼女の家は大家族で、子供部屋は弟や妹たちが使っており、彼女は小学生の
頃からお祖母ちゃんの部屋でいっしょに寝ていたそうです。
そして彼女が中学1年の春、そのお祖母ちゃんが亡くなった後もその部屋で
一人で寝ていたそうです。



その年のお盆の日、寝ているとふと、真夜中に目が覚めてしまったそうです。
「あれ、なんでやろ?」と思っていると、部屋の外、廊下が騒がしい。
10人くらいがざわざわ言いながらこちらに歩いてくる…
「こんな夜更けに何…?」と、足音が部屋の前で止まった。
ふすまがスーと開き部屋に入ってくると、ふとんのまわりに立って彼女を
見下ろしている… 彼女はずっと目を閉じていたそうですが、はっきりと
わかったそうです。
「何?なんやの?」そう思っていると、彼女の枕元に立っていた人物が
こう言ったそうです。
「秀美ちゃん」
彼女は、あっと思ったそうです。「お祖母ちゃんや!お祖母ちゃんの声や!」
枕元の人物は「秀美ちゃん、秀美ちゃん」と彼女を呼び続けます。
でも、彼女はずっと目を閉じ寝ている振りをしたそうです。

.
9 : 2/2[] 投稿日:04/03/03 21:05
「なんで?大好きなお祖母ちゃんだったんでしょ?」と私が聞くと、
「大好きだったけど…幽霊は怖いわ…」と彼女は笑いました。

5分ほどたったでしょうか、呼ばれても寝た振りを続けていると、
足元に立つ人物が「よう寝てはるわ…」と言うのが聞こえ、枕元の人物が
フーとため息をひとつ、「しゃーない、行こか」と言うと、みなゾロゾロ
と出口の方へ。ふすまが閉まり、廊下の途中で気配は無くなったそうです。

さて、そんな彼女も結婚し、去年の2月に赤ちゃんが生まれました。
私は8月にメールを送りました。
「今年のお盆にはお祖母ちゃんがひ孫見に来るかもね。」
彼女からはこんな返事が返ってきました。
「来なかったよ。でも、たまに赤ちゃんが天井見て笑ってるから、
お祖母ちゃんが相手してくれてるんかも」

長文、駄文失礼いたしました。