556: 1/3 投稿日:2009/07/19(日) 04:23:51 ID:VWrVuNXHO
うちの近くに、背の高い草がぼうぼうに生い茂った空き地がある
太陽が当たりにくいだけでなく、もとから妙に薄暗いため、非常に不気味だ
そんな場所はやはり、小中学生的には格好の肝試しポイントになる
これは、俺がまだ小学生だった頃に、その場所で経験した出来事だ

空き地には、重いが、決して動かせないわけではない石板が置いてある
何人かの友人達と共に、必死になったそいつをどかしてみた

すると…………………階段があった
地下へ続く、謎の階段………うーん、ミステリー!



 

俺達は、とんでもない大発見をしたと喜び勇み、階段を駆け降りた
中は、当然ではあるのだが、暗かった
そこで、最も家が近かった者が、ライトを取りに戻った

557: 2/3 投稿日:2009/07/19(日) 04:24:50 ID:VWrVuNXHO
しばらくして、友人はライトを持って戻ってきた
ライトを点けて、周りを見渡してみる

わけのわからない文字が、壁中に書いてあった
梵字…っていうのだろうか、たぶんそんなようなものだ
当時の俺達からしてみれば、それは不気味なだけだった

そんな謎の文字を目で追っていくと、ひとつの扉を見つけた
えらい小さい扉で、例えるなら茶室の扉
もうその時にはかなりびびっていたが、ここで逃げるわけにはいかない
ライトを持った奴が一番最初に、最後に俺が扉をくぐって中に入った

ガタン!

.
扉は…閉まっていた
パニックになった俺達は、どうにか扉を開けようとする
…が、押しても引いてもびくともしない
泣きそうになる俺達を尻目に、ライトを持った奴は、何を思った先に進み出した
仕方なく、俺達後続の連中もライト持ちの後を追う

558: 3/3 投稿日:2009/07/19(日) 04:26:10 ID:VWrVuNXHO
最初は風が吹き抜けていく時の、例の音かと思った
だから特に違和感を感じることもなく、進む、進む
進んでいくと、その音がどんどん大きくなっていくのがわかった

ちょっと待てと、そう言って他の奴らを止めた
しかし、ライト持ちの奴だけは止まらない
どんどん先へ先へと進んでいくライト持ちにしがみついて止める

ライトを奪い、なんで無視しやがると、そいつの顔にライトを当てた
すると、そいつはもうとうに失神していて、意識がない
意識がないのにずっと進んでいたのだろうか

次の瞬間、俺達を振り切って、そいつはまた進み出した…失神しているはずなのに
風が吹き抜けていくような、あの音がどんどん大きくなる

怖くなった俺達は、もと来た道を急いで戻った
扉はなぜか開いていて、俺達はすんなり外に出られたわけだけど…

その日のうちに、そいつの捜索が行われた
もちろんその地下へ続く階段まで大人達を案内したのだが…
そんな小さな扉は存在しなかったという

あれから十数年が経ったが、未だにあいつは帰って来ていない