188 :おさかなくわえた名無しさん:2013/11/20(水) 20:08:38.47 ID:T0H07S8U
人によっては気分悪くなるかも知れないので注意。

高校の頃チャリ通してたんだけど、家の近所のアパートの前をチャリで通り過ぎた時に何とも言えない匂いを嗅いだ。
上手く表現出来ないのだけど、気持ち悪くて不安でヤバい匂い。
私の親は会社員なんだけど、祖父母が商売をやっていた関係でそこの大家のお爺さんを知っていたので、
その家まで行って変な匂いがすると伝えた。
お爺さんにその事を告げると変な顔をしたけど、私が匂いを嗅いだ場所まで来てくれた。
その匂いを嗅いだお爺さんは顔色を一瞬で変えて、家まで戻り合鍵を持ってアパートまで再度戻り、
私にケータイで警察に電話を掛けさせて、繋がるとケータイを私からひったくり何かを話して電話を切った。
すぐにやって来たのは警察と救急。



 お爺さんは警察と救急の人に何かを言い、扉を開けて中に入って行った。
開いた扉からは何か虫がバーッと一斉に出て行き、それを見た私は呆然。
部屋の中を覗くと中はゴミだらけで、匂いだけで吐きそうになった。
恐ろしい事に、その中には足を紐で繋がれた子供が置き去りにされていた。
救急の人が担架に乗せて運んで行ったんだけど、匂いが凄かったのを覚えてる。
足首がチラッと見えてしまったんだけど、骨と皮だけで黒と白のブツブツが見えた。
後から聞いたら、虫の幼虫と成虫がたかっていたんだって。

そこの部屋に住んでたのは母親と子供だったんだけど、
母親は部屋の窓に新聞紙を貼って目張りまでして失踪したらしい。
部屋にあったゴミからわいた虫が子供にたかっていたそうだ。

その子はしばらくは喋れなかったり、人を見るとパニックになったり大変だったけど、
8ヶ月位経った頃にはだいぶ元気になって、遠くの親戚に引き取られて行った。

とにかくそんな現場を見てしまった事が修羅場だった。
大家のお爺さんが私に即警察と救急を呼ばせたのは、戦時中これと同じ匂いをいつも嗅いでいたからだそうだ。
修羅場をくぐった人間はやっぱりどこか違うんだな、と思った。

.
190 :おさかなくわえた名無しさん:2013/11/20(水) 20:13:54.52 ID:k8QjGHzW
>>188
どんな臭いだろう。子供生きてたなら死臭とか腐敗臭じゃないんだよね。

197 :おさかなくわえた名無しさん:2013/11/20(水) 22:17:07.83 ID:T0H07S8U
>>188です。
あの匂いはあれから嗅いだ事無いですね。
とにかく気持ち悪くて不安になる匂いとしか表現できないです。
「生きてる!生きてる!」と言う怒鳴り声に、こんな中に人がいたの!?ってゾッとしたし、
大人かと思っていたら子供だし、こんな虫がわいていた中に子供がいたの!?っていうのも修羅場でした。
あの足はしばらく夢に出てきて、眠れない時期もありました。

私がその子に会ったのは入院してから1ヶ月位経ってからだったのですが、
1ヶ月経っていても髪がほとんど無くて、目だけがギョロギョロしていて、
骨と皮だけであちこち包帯巻かれて点滴されていました。
最初会った時にはブルブル震えられてしまいましたし。
お爺さんがあまり話してくれなかったので詳しくは知らないのですが、
その失踪した母親は結局見付からなかったらしいです。

半年過ぎてからやっとぽつぽつ言葉が出てくるようになって、引き取られる時にはちょっと笑うようになってました。
今は元気になっていればいいなと思います。

その件があってからアパートは取り壊しになって駐車場になりました。
今月そのお爺さんの三回忌があったのでカキコです。

199 :おさかなくわえた名無しさん:2013/11/20(水) 22:25:25.28 ID:gc45vSng
>>197
何歳くらいの子だったの?

202 :おさかなくわえた名無しさん:2013/11/20(水) 22:45:17.44 ID:T0H07S8U
再度ごめんなさい。

お爺さんはどこか南の島で兵士をしてて、激戦地の島でほぼ全滅の部隊にいたらしいです。
だからそういう死に直結したヤバい匂いを察知したんじゃないかと。

その子の年齢は当時7歳だったらしいけど、5歳程度の身長しか無かったみたいです。
退院した時はちゃんと自分の足で立ってたので、それだけで涙が出そうになりました。