転載元:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1293495441



361: 自治スレでローカルルール他を議論中:2010/10/24(日) 18:45:14 ID:awIUec5e0
怖い話では無いけど 

上杉謙信公が、手元にあった一文字在銘の二尺三寸六分の刀一降りを 
磨上(すりあげ)つまり中子を切りつめて短くしようと研ぎ師をお召しになった 
研ぎ師は承知しましたと承って、刀を持って座を辞した 

さて、この研ぎ師、帰って刀を刀箪笥にしまってその晩は床に入った 
そうすると、その晩の夢枕に見目麗しい一人の姫君が立って 
「どうか、私を切らないでください、お願いいたします。」と研ぎ師に頼み込んで、 
すーっと消えたはっと目が覚めた研ぎ師は、翌朝頼まれた磨上の仕事に掛かろうとしたが 
昨晩の夢が気になって、どうしても仕事に掛かる気になれない 

それで、その仕事を一日延ばして次の日にすることにした 
すると、その晩にまた件の姫が夢枕に立って、 
「どうかどうか、私を切らないでください」と涙を流して、頼み込むので 
研ぎ師はこの姫君がどうにも哀れになって、貴女はいったいどなたなのですか? 
と聞くと「鶴と申します。しかとお頼みいたしましたぞえ」と言うと、消えてしまった 

飛び起きた研ぎ師は、どうも鶴と言う姫はこの太刀の化身らしいと言うことで 
磨上を中止して、返還した、それ以来この太刀は「鶴姫一文字」と呼ばれ 
戦前まで上杉家に代々伝えられていた