スポンサーリンク

【不可解な体験、謎な話】急性大動脈乖離の心タンポナーデで臨死体験っぽいものをした。 嫁が泣いているころ、定番どおりおれは上から自分を見下ろしていた。

転載元:http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1484901135/



70: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/01/25(水) 10:15:00.65 ID:HjPCa4Eb0
他スレにも書いたが、急性大動脈乖離の心タンポナーデで臨死体験っぽいものをした。 
12月24日のこと。 
もう、ダメっぽい、と言われて嫁が泣いているころ、定番どおりおれは上から自分を 
見下ろしていた。 
よくある3mぐらいの高さ。 
ウソっぽいと思っていたが、自分が体験してみるとホントだった。 
寝ている自分と平行になっていたな。 
見下ろす自分の顔あたりははっきりしていたが、胸から下は綿アメみたいなものでボ~ッと 
ぼやけていた。 
(ああ、死んじゃったんだ。もう、動かないんだな) 
みたいな、他人事のような弱い感情があった。 
同時に寂しいような、空しいような、悲しいような気持ちと、空白みたいな虚無?も感じた。 
このあたりは今となってはうまく言い表せない。 
というか、一生懸命書こうとすると、すーっと実体験から遠ざかる感じ 
真下に見える自分は変にグッタリしていて、ペタンと薄っぺらで、白くて頼りなかった。 

どれだけ時間がたったのか、全くわからなかったけど、麻酔覚醒のバッドトリップで 
おれは医者と看護士に殴りかかっていた。 
上から見たときの弱々しい自分のどこにそんなパワーがあったのかは知らないが、 
覚醒時に感じた生命の墺低からのものすごい怒りは、今でもかすかに覚えている。 

78: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 21:16:10.25 ID:4D5khts10
>>もう1つ。 
ICUから一週間ぶり(本当は8日)に出られて、個室に移ったのが12月31日の大晦日w 
重篤患者以外は、家で正月を迎えられるよう退院させてもらえるんで、病院内は 
閑散としている。 
おれは個室のちっぽけなTVじゃなく、デイルームのデカ画面で行く年来る年が 
見たくなって、電源が最少限に落とされた暗い廊下に出た。 
個室の隣の隣がいつも2~3人がいる看護士詰め所。 
その前がICU。 
その向こうがでっかいデイルームで、しゃれた衝立や観葉植物で隔てられて、 
3基の大型エレベータと向かい合っている。 
基本、ワンフロア。 
もうすぐデイルームってところで、背が高くて肩くらいの髪の看護婦さんが 
俺のほうを見て立っていた。 
気にもしなかったんだが、その人はおれが近づくのを避けるように、ジリジリ 
あとずさりする。 
見たことのない顔で(?)と思ったが、けっこうキレイな人だし、大晦日だから 
他の科からでもヘルプに来たんだろうと、音を消してTVをつけた。 
でも、ちょっと好みの女のせいか、なんか気になる。 
振り向くとエレベータの前で、おれのほうに体を向けてジッと見ている。 
(ああ、おれがまだ重篤患者なんで、寒いルーム(暖房は切ってある)でヒートショック 
でも起されちゃ、と思って見てるんだな)と自分で納得。 
部屋に追い返さないでいてくれる温情に感謝すらした。 
まもなく新年になったので(じゃあ、もどろう)と立つと、まだジッと見ている。 
(前を通るとき会釈でもするか)と思いながら、ちょっとリモコンを見て 
目を戻すと、い、いない。 
エレベータ前から看護士詰め所までは10mはある。 
アスリートみたいにズサーッとスライディングでもしないかぎり、一瞬では行き 
着けない。 
詰め所は腹くらいまでのカウンターで囲まれてるから中が丸見えでも、だれもいなかった。 
ICU室がワサワサしていたから、みんなそっちにいるんだろう。 
おれ自身も怖くなかった、大晦日と新年にまたがる奇妙なお話でした。