スポンサーリンク

【石じじいの話】鉱山の森を歩いていると、「鎧武者の屍体」を見つけた。鎧は古びていたが、ミイラになった屍にはまだ肉が残っていた



 

527: 本当にあった怖い名無し@ \(^o^)/ 2016/08/14(日) 06:16:53.61 ID:Q3PLLiiQ0
石じじいの話です。 

石を求めて山深く訪れたときに、じじいはいろいろ不思議なものを見つけたり、 
それらと遭遇したりしましたが、これも理解が難しい発見例です。 
じじいが、かなりの高山の森を歩いていたときに、「鎧武者の屍体」を見つけた 
そうです。すこし森が開けた空き地のようなところにそれは転がっていたそうです。 
うつむいて臥していたといいます。はじめ、どこかの「変態」が「趣味」で鎧を着 
て山に登って死んだのか?と思ったそうです。もしこの屍体が最近のものならば 
警察に届けなければならないので「なんぎなことよのうぅ」と気が重くなりました。 
もし、それが「武士の時代」のものであれば、そのように保存が良いわけがないと 
思えたのです。しかし、よく屍体を調べてみるとおかしなことに気がつきました。 
鎧は非常に古びて見えたそうですが(色は、たぶん、黒い色だったとのことですが) 
、屍体はミイラのようになっていて(乾いていて)、肉が少し残っていたそうです。 
雨の多い地方なのに、そんな状態で保存されるのはめずらしいと(ありえない?)。 
兜をかぶって、手甲も脚絆のような鎧もつけていました。しかし、その鎧は、いま 
まで見たことがない型だったそうです。歌舞伎や五月人形でみられるようなもので 
はなく、装飾などが一切なく金属のちょう帷子でした。装着している人物は、非常 
に大きく、八尺はゆうにあったそうです。 
(つづく) 

528: 本当にあった怖い名無し@ \(^o^)/ 2016/08/14(日) 06:18:19.85 ID:Q3PLLiiQ0
>>527 
(つづき) 
じじいは、その屍体をバールを使ってひっくり返して上を向かせてみましたが、顔 
の部分は白骨化していました。その面貌は、目玉の孔がとても小さく互いに離れて 
いて、上下顎には、歯が一本もありませんでした。首の部分には乾燥した肉がつい 
ていたそうです。じじいは、出来心で、その鎧の一部を取り外して持ち帰ろうとし 
ましたが、帷子の一片たりとも剥がれませんでした。互いに固く繋がっていて身体 
にも貼り付いているように感じられたそうです。最後は、石頭ハンマーで腕の部分 
をもぎとろうとしましたが、それも叶わなかったと。 
陽が傾いてきたので、それ以上滞在すると自分が宿泊のために建てたテントに下り 
るのが夜になってしまい危険なので、そのときは放置したそうです。翌日、ふたた 
びその場所を訪れましたが、鎧屍体はそのままでした。欲と興味の塊になったじじ 
いは、その屍体を引きずろうとしましたが、重くて少しも動かすことができなかっ 
たそうです。「あれは、重かったわい。すこしもうごかんのよ。大砲みたいなもん 
よ。」 
これは持って帰っては良くないものかもしれん(他の人に伝えて一緒に持ち帰るこ 
とも良くない)とじじいは考えて、その屍体の上に近くの森から運んできた枯れた 
樹皮や下草をかぶせて、読経してその場をあとにしました。彼が、山中で見た不思 
議物のなかでも、五本の指にはいるほどの奇怪なものだったそうです。