スポンサーリンク

【洒落怖】天明の飢饉(1781~89)は、有史以来の大量死を記録した悲惨な飢饉である。



890: 本当にあった怖い名無し:2009/10/12(月) 17:04:54 ID:rPcsvBcf0
江戸の大飢饉
江戸の大飢饉…… ~この世に現出された凄惨な飢餓地獄を見る~ 
http://members.jcom.home.ne.jp/invader/works/works_8_e.html 

 天明の飢饉(1781~89)は、有史以来の大量死を記録した悲惨な飢饉である。 
長期間にわたって全国で天候の不順や天変地異が続いた天明間は、天変地妖の時代とも言われ、 
人々の間では ▲この世の終わりかと騒ぎ立てるほどだった。 特に東北地方では、やませ 
(冷たい風)による冷害で壊滅的被害を受けおびただしい餓死者を出した。 
天明3年(1783年)には浅間山が大爆発を起こし、火砕流によって、ふもとにあった村を焼き尽くし 
多くの人々が犠牲になった。 ▲3か月間続いた噴火は大量の火山弾や火山灰を吹き上げ、 
東北地方の冷害に追い討ちをかけ大凶作に拍車をかけたのである。 

 江戸でも大風のため大火災が続発し、特に丙午(ひのえうま)であった天明6年(1786年)には、 
3月には箱根山が噴火し地震が相次いだ。  4月になると長雨と冷気によって稲作に 
悪影響を及ぼした。 7月には大洪水が起こり家々を押し流し、あたり一面海のように変わり果てた。 
水害は、江戸だけでなく関八州に及ぶほどの広範で、あらゆる河川が氾濫したとある。 
この現象は全国的規模で起こり、各地の田作に大被害を与えたのであった。 

 この飢饉の様子を記録した「後見草」(のちみぐさ)によると、津軽地方が特にひどく、日々に2千人前後の 
流民が発生し、他領に逃散していったが、そこでも一飯もない状態ですべて餓死に追い込まれた。 
ここでは、先に死んだ人間の屍体から肉を切り取って食べる者もあらわれ、 
人肉を犬の肉と称して売る者もいたという。 

891: 本当にあった怖い名無し:2009/10/12(月) 17:06:23 ID:rPcsvBcf0
 おまけに、疫病がまん延して、田畑は荒れ果て原野のようになり、そこら中、腐乱した白骨死体が 
道ばたに積み上げられる惨状であった。 この有り様を中世で限り無く続いた戦での死者と言えども、 
このたびの飢饉の餓死者に比べたら大海の一滴に過ぎないと評しているほどだ。 

ある説では200万以上の人間が、この飢饉によって餓死したとも述べられており、戦乱や他の 
自然災害を含めても、有史以来の未曾有の大量死であったと考えられている。 

 「天明卯辰簗」(てんめいうたてやな)という飢饉の様子を記録した書は、飢餓下における人間の 
身の毛もよだつ恐ろしい話を残している。 
・・・この頃になると、人を殺して食うことも珍しくなくなった。 村人の一人が墓を掘り起こして 
人肉を食べたのがきっかけで、ついには人肉を得るための殺人があちこちで起こっているのだ。 
ある一家が、人を殺して食べたという罪で処刑されたが、この家を捜索してみると恐怖の真実が 
明らかとなった。 大量の骸骨が散らばり、桶には塩づけにした人肉が山盛り保存されていたのである。 

人肉は焼き肉や干物にもされていた。首だけでも38個も見つかったのだ・・・このような話が実話で 
あると言うこと自体信じられないことだが、現世における餓鬼道の現出以外の何物でもないことは 
確かだ。 まさに阿鼻叫喚の地獄絵図を見るようで背筋が凍りつく思いである。 

892: 本当にあった怖い名無し:2009/10/12(月) 17:08:34 ID:rPcsvBcf0
天保の飢饉(1832~39)は、連年の凶作の結果、全国にその影響が及ぶほど凄まじいものであった。 
しかも、飢饉は ▲7年間の長きに渡って延々と続いたのであった。 鶏犬猫鼠の類まで、すべて 
食べ尽くし後には人を食っているという噂が広がっていった。 人々の心は荒廃を極め、盗人は 
見つけられ次第、かます(むしろの袋)に入れられて川に沈めて殺された。 

 この飢饉では、疫病も猛威をふるいおびただしい死者を出した。 青腫(あおばれ)と言われる 
栄養失調の状態では、疫病が襲うとひとたまりもなく、例えば、秋田藩では、傷寒(発熱性の 
腸チフス)が流行り達者な者までかかり、多くの人々が病死した。 

しかもピークが田植え時と重なったことから、田畑は耕作されないままに荒れ放題になっていった。 
 この頃、津軽では、食べるものがなく松の皮ばかりを食べ、一家心中や集団自殺といった悲劇が 
相次いだ。 さらに、留まって餓死するよりはと、数万人の農民が乞食、非人化して 
山越えして逃げ出したとある。 

「奥の細道」の作者松尾芭蕉は、東北地方のある村で飢饉による恐ろしい光景を目の当たりにしている。 
 ・・・事態は悪化の一途を辿り、冬になり朝晩の気温が低下すると、着の身着のまま路上で次々と 
死に始めた。 そのほとんどが、栄養失調と疲労による凍死だった。 夜が明けてみると、路上で 
生活している何人かが死んでいるのである。行き倒れとなった死体には、 
たちまち、鳥が舞い降りてきてついばみ始めた。 

ひっそりと静まり返った空き家をのぞいて見ると、そこには、とうに飢え死にしてミイラ状になった家族が 
抱きあったまま、あるいは壁にもたれたままの姿勢で横たわっているのであった。 
空腹に堪えきれず、路上でみさかいなく物乞いしていたお年寄りは、一夜明けると、 
物乞いする姿勢のまま息を引き取っていた。