スポンサーリンク

【洒落怖】自殺の名所の滝で肝試し。岩場を登っている時、懐中電灯がごっつい裸足を照らした

転載元:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1228576350


 

287:本当にあった怖い名無し:2008/12/01(月) 23:53:03 ID:omzXochP0
裸足
十年以上前の話。自分は男。 
地元で有名な自殺の名所といわれる滝に 
バイト仲間男女八名ほどで肝試しに行った。 
午前3時過ぎ。完全に真っ暗で 
明かりは自分が持っていた懐中電灯がひとつだけ。 

山道を100メートルほど歩くと滝があった。 
手前に低い柵があり、 
そこから先は大きな岩盤が、滝つぼまで20メートルくらい 
なだらかな階段状になっていた。 
自分はひとりで柵を越え、岩場を降り、水をさわるとすぐに 
みんなの元に引き返した。 

懐中電灯で2,3メートル先を照らしながら 
濡れた岩場を上っていると、怖かったのか 
ひとかたまりになって待っているみんなの足もとが光の中に見えたのだが 
そのなかにひとり裸足の奴がいた。 
ごつい男の足がはっきり見えた。 

季節は秋。結構寒かったので「なんでこいつ裸足??」と思って、 
懐中電灯の光をなめるように少しあげると、 
テロテロの安っぽい灰色のスラックスが見えた。 
中年オヤジっぽいセンスのやつ。 
その瞬間、つまずいて懐中電灯の光がぶれた。 
すぐに同じ場所を照らしたが、裸足はいなかった。 

「裸足になってる奴は誰だ?」と、ひとことみんなに聞いたが、 
もちろん誰もいなかった。気持ち悪い冗談言うなと怒られたので、 
もうそれ以上なにも言わなかった。それだけ。 

321:本当にあった怖い名無し:2008/12/02(火) 20:35:23 ID:AOUYoH/n0
>>287 
なかなか怖い